読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半分の証明

わたしが思ったことをつらつらと。各記事の題名は中田裕二さんの歌詞からきてます。中身とつながりはないです。あしからず。登場する人物や団体は実際のものとは一切関係ありません。 Copyright (C) 2013- strikecamellia. All Rights Reserved.

地に足つけた生活

…だから暇なんだって(笑)

 

私はこの前新卒で働き始めたけど、同期は3人。私入れて4人。みんな女の子。

今年、3年目に突入。頑張ってやってる。

営業2人と開発2人。その営業の片割れが、そろその会社辞めるらしい。

とてもショックだった。

その子らしいと思ったけど、早いな~と。

社長のお気に入りだったから、社長もショックだったと思う。

とりあえず、実家に帰るらしい。

…やりたいことがあるらしくて、そっちに方向転換らしい。

写真撮らなくちゃ。

うらやましいといえば、うらやましいけど。私は平凡な幸せがあればいいからな。

結婚して、子供がいて。みたいな。

でも、本当は仕事辞めたくなし。今の仕事辞めたら、次働けないと思う。そんな能力ないし。悲しいな。

仕事に対するプライドは男女平等なはずなのに、どうして仕事を辞めなきゃいけないのは女なの?結婚・妊娠っていうライフイベントって、同じだと思うけど。出産で休まなきゃいけない女性を雇うなんて、やっぱりリスクなんだろうか。

それをどうにかしない限り、この国はこのままなのかな、って一般市民の私は思う。少子化でもいいならいいけどね。でも、これから子供を育てていくつもりの私は気が重い。

 

未来は、私たちが子供から借りているもの。

だから、少しでも良くして返してあげなきゃいけない。

 

こんなことを、夢水清志朗が言っていたと思う。

その通りだ。

選挙いこ。行ってるけど。

選ぶものは人それぞれ。辞める同期は、自分のやりたいことをやるんだろう。やりたいことをまっすぐ見つめる素直さがうらやましいし、まぶしい。

 

でも私にはそれができない。

今の生活や環境を捨てられないから。

私は、社会人になるまで、割とお金に苦労して来たと思う。

まだ奨学金は返済中。

自分で働いて自分で生きていく、ということ。

それを何よりも重要に思っている。

 

まぁ、彼女がやりたいことは農業だから、くいっぱぐれることもないんだろうけど。

平凡な人は、自分の生活だけで精いっぱい。他人や社会のこと、それを考えて行動しても生きていけるということ、それはなんて羨ましいんだろう。

 

私が仕事辞めて実家に帰っても、ただのごくつぶしだ。

だからこそ帰れない。

もやもやするけど…

裕福な人がうらやましい。

 

なんかダメな日記になったな

はぁ。

 

MIDNIGHT FLYER