読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半分の証明

わたしが思ったことをつらつらと。各記事の題名は中田裕二さんの歌詞からきてます。中身とつながりはないです。あしからず。登場する人物や団体は実際のものとは一切関係ありません。 Copyright (C) 2013- strikecamellia. All Rights Reserved.

酷く悩ましい朝

なんかずっと忙しくて。

仕事で泣いた日から、ずっとストレスフルだ。

でも、泣いた案件は無事に終了=出荷。

ただし、土曜日出勤だった。

この日は遠出する予定だったんだけど、木曜日に出勤を決めて、全ての予定をキャンセル。今まで会えずにいた人たちと会える予定だったから残念。キャンセル料が出なかったのが、唯一の救いだ。

私は去年の夏ぐらいから、ずっと同じお客さんの仕事をさせて貰っている。

基本的にお客さんがいる仕事をしないのが、うちの部なんだけども、そんなことも言ってられないので、部署の人間の半分位はお客さんがいる仕事をしている。私はその方が張り合いがあるからいいけれど、その分常にお客さんの仕事している部署と調整しないといけないから、そこでトラブルと死にそうになる。

その部署の失敗を、担当の私は引き受けなくてはいけない…いけないわけじゃないけど、私はそれが責任だと思う。だから、土曜に出勤した。

でも、それで、納期とかいろいろ守れるなら笑って引き受けてやる。今回も自分で出勤します、って佐々木さんに言ったし。

泣くぐらい悔しかったけど、分かりましたやります、って言って貰ってから出荷までトラブル続きだったけどなんとか出せてホッとした。

 

発言に責任を持てる自分になることを、何よりも律していきたい。

 

ENEMY