読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半分の証明

わたしが思ったことをつらつらと。各記事の題名は中田裕二さんの歌詞からきてます。中身とつながりはないです。あしからず。登場する人物や団体は実際のものとは一切関係ありません。 Copyright (C) 2013- strikecamellia. All Rights Reserved.

心は二度と 同じ顔をしない

久々~。

この前が3/9だから、3ヵ月ぶり。

何やってるんだろ。

 

結局忙しさにかまけてパソコンの起動すら出来てない。

良くないな。面倒見てた後輩が他の部署に行って、もっと若い子たちが入ってきた。

折り紙で鶴を折れない彼らとジェネレーションギャップを感じる。

 

今は少し元気。

中田さんのライブがあるから。

一昨日はSONG COMPOSITE SPECIAL、

昨日は謡うロマン街道。

恋わずらいと静寂のホリゾント聴けたから幸せだ。

恋わずらいは椿屋で一番好きな曲。

これで椿屋知ったから。playroomも好きだけど。

…好きな曲をあげたらキリないな(笑)

 

静寂のホリゾントは、今エンドレスリピート中。

好きだけどライブではあまり聴けなくて。

昨日久々に生で聞いて涙がこぼれた。

 

これを謡った後に、人を応援する歌を謡いたい

みたいなことを言ってて、自分も色んな歌に助けられてきたからって。

本当に、この曲に背中を押してもらえてるよ。

 

 

今日、2日間のライブの疲れを午前休で癒して。

重い話を聞きに行った。

佐々木さんと、水曜日に約束していた、その重い話は、

重すぎて、きっと佐々木さんは言いたくなかったんだと思う。

だから、結局話が出来たのは定時の10分前。

きっと、その話をしたら、エネルギーを使うから。

分かっていたんだと思う。

 

私は、その仕事の話を前に聞いたときに、

大泣きしたことがあって、

佐々木さんの前で大泣きしたわけじゃないけど。

佐々木さんと営業部長と社長がその仕事について話してて、

それ意味あるの?みたいなこと散々言われて。

私は面と向かって言われるわけじゃなく、

席で、その話を聞いていた。

 

自分の事だから、自分の名前も出てたし、良く聞かなきゃと思ったけど、

意味あるの?ってすごく重いよね。

私の仕事に意味あるの?ってさ、私が費やしてきた時間に意味があったのか、

私が働いてきたことに意味があったのか、私に意味があるのか?

って同意義だと思った。

それを、永遠と聞かされる苦しさ。

結局途中で逃げ出して、その仕事を主にしている場所で、一人で泣いていた。

誰も来なくて、仕事する時も一人で、泣いた時も一人で。

結構長く泣いていて。苦しくて、思い出すたびに今も泣きそう。

戻らないとやばいなって思って、階段登っていたら、佐々木さんが探しに来てくれてて、多分、泣いたのは分かったと思う。マスカラ取れてたから。

いつも集まる部屋で、話して。

そう、佐々木さんは凄く体調悪くて、午前休みで、後輩ちゃんの重い仕事の為に午後来たら、それはすぐ終わったけど、私の仕事の話されて、ぼこぼこにされて、大変だったと思う。

私を慰めなくちゃいけないし。

何を言われたのか、今考えると覚えてない。

ただ、探しに来てくれたことを、覚えている、あ、いたって言われて、目を合わせれられなくて。部屋の机に向かい合って座って、なんか言われて我慢できなくて、泣いて。悔しかった気がする。

要は、私の力が足りないってことですよね、って聞いた気がする。

そんなことない、本当にそう思うのか、俺はそうは思わない。って言ってた気がする。

そして、ずっと辛かったことを話した気がする。

他の人たちはみんなチームで同じ仕事してるのに。

お金と人材と時間をかけていて、集中型。

もちろんチームの中で分担してるのは分かる。

でも、私は違うよね。

基本この仕事も他の仕事も一人で仕事してる。

それなのに、そんなこと言われるの?って。

でも一人で仕事してるっていったら、俺がいるじゃん、って言われて、

嬉しかった。様な気がする。

分かるよ、他のメーカーは専業なのに、片手間でやることじゃないよな、って言ってくれて、やっぱり佐々木さんだけは分かってくれる、って思った気がする。

今日言われて、嬉しかったのは、その話ってここでする話じゃないですよねっていってやろうかと思った。って言葉。それって要は私に聞こえる場所でって意味だから、すごい配慮。こんな話を担当者の私ががいるところ、私に聞こえるところでする事じゃないって思ってくれてたところ、それがその時思ってても、後から思ってても、嬉しいことだな。

 

これは少し前の話だけど、泣いたんだよね、私。その日メイク直さないで別の部署の課長に用事があって会いにいったら、また泣いたの?って言われた。

そうなの、悲しくてとか言いながら、あとからそんなに私泣いてますか?って聞いちゃった。ネタだよ、マスカラ落ちてるから、って言われて少し安心、そりゃ心配するよね。新しい席で向かいにいるその課長は時々構ってくれて、そういう所が下から慕われる一因だよねって思う。あと、果てしなき渇きを無我夢中に読んでたから、私も読みたくなった。

 

って余談になったけど、そんな大泣きした仕事の話だから、佐々木さんに泣くなよ、って言われて、えって思った。そんなひどい話なの?って。その仕事が出来なくて、そんなことなら他の部署に異動させた方がいいんじゃないかって話なのかと思ってげんなり(というのも、今年の初めに異動の話があって、佐々木さんが必死に止めてくれたらしいんだけど)してた。ハンカチ持ってこい、とかいうから。いままで始めからハンカチの準備させなかったのがいけなかった、とか言われて、あちゃーみたいな。

話する前に紅茶買ってきて、飲みながらでも良いですか?って聞いたら失礼だよ、とか言われたけど、良いよって言われて、ティッシュの箱を前に渡された。…正直とっても警戒したし、多分、心配されたんだと思う。

そんなにひどい話なら聞きたくないです、って素直に言ったし。言いたくなかったんだと思う、多分、若干キレ気味だったって言ってたし。

内容はいまの仕事の方針転換。というかすこし別な方向を向くって話で、そっちの方が割合高く、ってことだった。その方向だと今まで頑張ってきたののレベルが下がるから、これまでは何だったの?っていうことで、だから泣くって思ったんだろう。

方針転換の話を佐々木さんがされたのが水曜日で。今日まで話すチャンスが無くて。

その水曜日、社長副社長と話をしたうちの75%は私の仕事の話だったよって言われていて、余計聞きたくないって思ってたけど。

方針は少し変わったけど180度とかじゃなくて、15度位。だから大丈夫。

 

話が終わって、強くなったな、泣かなかったな、って言われて、このぐらいなら大丈夫って応えた。

 

心は二度と同じ顔をしないから、泣きません。

 

私は、なによりあなたの力になれない事が苦痛です。

自分の力が足りないことが苦痛です。

だから、これぐらい、大丈夫です。

そう、言わないけど思った。

 

あーでも会社じゃなくて、この文章書きながら泣いちゃったな―。

 

自信あると思うけど、自信持っていいんだからな、

って言われて嬉しかった。

私自身は自信ないけどね。佐々木さんと後輩ちゃんが褒めてくれるのを少し

信じられるだけ。自信があったら悩んだり立ち止まったり、しないよ、

 

研修に行った先の人が、相変わらず仕事に誇りを持っていて、と褒めてくれたことがあって。

自分の仕事に対する責任感と誇り、そして自分を奮い立たせるためのプライドと、ほんの少しの自信、誰にも負けなくないという気持ち。

それだけで、走っている気がする。

迷いながら怯えながら、ただ佐々木さんの役に立ちたくて追いつきたくて。

 

 

数えきれない諦めの日々が

それでも君を君だと歩かせる

 

 

昨日聴いた、そのフレーズが

確かに私を歩かせる。

幾度となく泣いても、迷っても、私のたった一つの指針を目指して。

 

 

 

そうそう、そんな裕二さんはこれをリリースして、ツアー中です。 

SONG COMPOSITE(初回限定盤)(DVD付)

SONG COMPOSITE(初回限定盤)(DVD付)

 

 いろいろ入ってます。個人的にはウイスキーがお好きでしょ、とか水色の雨とか聴きたかったけど、紫陽花のセルフカバーも素敵だし、UAの情熱のカバーも良かった!!

ライブではいつもカラオケって言ってますけどね~。あと3本行くのが楽しみ。本当に、生きがいだ。

裕二さんのライブに行くと、また頑張ろう、って思える。

どんなに辛くてもね。

 

 

静寂のホリゾン