読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半分の証明

わたしが思ったことをつらつらと。各記事の題名は中田裕二さんの歌詞からきてます。中身とつながりはないです。あしからず。登場する人物や団体は実際のものとは一切関係ありません。 Copyright (C) 2013- strikecamellia. All Rights Reserved.

安直な発想じゃないよ ダーリン

高校の友達に会った。同じ部活だった子2人。

私の母校は頭良かったので、(かといって私が優秀かというと違う)金持ちの子が結構通っていた。医者の娘とか教授の娘とか。彼女らは私と一緒で一般市民なのでそういう意味では楽だわ。

 

歳も歳なのでどうしても結婚の話になる。

みんな彼氏いるんだけど、レベルがあまり高くなくて心配になった。

かたや、友達の両親が不仲で別居中で、そういうのは遺伝子で決まっているから(この時点で意味わからない)お前と結婚するの不安、って言われたとか。

…馬鹿なの?まぁ、それは友達本人も、そんなの自分が結婚したくないからその理由にしているに過ぎない、って分かっていたから良いんだけど。そんなくだらないことを口にする男のどこがいいんだろう。って私は思ったけど、なぜかぞっこんだから、何も言えない。

 

かたや、車持っているからといって彼女の飲み会の送迎頼む男。私の友達は飲んでなかったんだけど…意味分かんない。お互いに飲み会、という条件は変わらないのに、なんでかたっぽが飲むのを諦めなくちゃいけないの?あー本当わかんない。でもこっちも、面倒くさくなるの嫌だからって…あー。

残念すぎる。別にこの二人がすごく優秀とか思わないけどさ、なんでそんなことする男がいいんだろう。最近『うちらの世界』っていう感じのエントリが流行っていて、よく読んだ。誤解を恐れずに言えば、低学歴の世界(…やっぱり誤謬があるかも)って話。

友達の相手は二人ともそういうところを常識とする人たちなのかな、ってふと思った。そういう相手しか捕まえられない私たち。…それは地元に残っていたらそうなるかもしれない、って思った。地方の政令指定都市でもこのレベル。いろいろ無理でしょ。

どうしたって女の方がいろいろできる…と思う。そのとき、やっぱり我慢するのは女なのかも。

 

帰り道、みんな似たようなもんだね。そういう仲間が集まるのね、という話になった。

私は抜け出さなくちゃ、と内心思った。そしたら、誰かが幸せになったら、みんな幸せになれるかも、と友達は言った。…幸せだと思った。

 

私は、今の彼氏の月収が低いことがすごく気になっている。ちなみに、地元でのおそらく普通の月収でも結婚して、子供作って…では足らないと思っている。それでも何とかなる、と思っている私の相方さんや、友達たち…それを見てると私がただの心配性なのかな、って思う。でも、この記事には少し同意。まぁ、それだけかな。

 

相変わらずまとまりがないな。

 

 

迷宮

…世の中すべてが迷宮のようなものだ、と思う。